<< 第11話のネズミ(渡辺麻友) | main | FLASHにて >>
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.20 Saturday

第11話メインヤンキーサド(篠田麻里子)

次週はいよいよ最終話となるため、メインヤンキーとして取り上げるであろう大島優子はもちろん、主演の前田敦子、鬼塚だるま、そしてチームホルモン、最終話放送日3月26日に16歳の誕生日を迎えるネズミなどのエピソードから多くのまとめを更新します。
ちなみに卒業式は「第48回馬路須加女学園卒業式」となっていました。



サド(篠田麻里子=麻里子さん・1986年3月11日生・AKB48旧チームA新チームA・言い訳maybe選抜総選挙第3位)

馬路須加女学園3年
ラッパッパ副部長

毛皮のコート
音符のアクセサリー(ラッパッパ部員共通)
ピンヒールのブーティ
大きなリングのイヤリング
銀色の付け毛
銀色のけん玉
右目と眉の間に傷
毛皮を脱ぐと制服の背中に刺繍

神社で優子と戦って以来優子に忠誠を誓い、優子のいないマジ女を守っているラッパッパ副部長。
前田がみなみやエレナ、仲間達の思いを背負って戦ったように、サドもまた四天王や優子、ラッパッパのメンツを背負って戦い、最後前田に敗れるシーンでは余命わずかと知る優子のことを思い涙した。
3話の花火のシーン、10話の病室でのシーンもそうだが、優子の賑やかなボケにも常にマジレスで返す不器用な女ヤンキー。優子いわくコブシでしか会話の出来ない馬鹿。7話では、傷つけあうばかりがケンカではない事を教えてくれた人物と優子がサドを評している。11話にて前田に敗れた際も最後は笑顔を浮かべていた。



サドと前田のタイマンシーンは、撮影に2日間かかったと篠田麻里子のブログで言及されており、途中で前田敦子が怪我をし点滴を受け一時中断するなどの撮影であった

サド前田の対決に合わせ、前田敦子のオープニングロールが大きく変わっていた。ちなみにOPは毎回変わってるのは周知の事実だが、このOPは今週が見納めであり、来週最終話はまったく別のものを用意していると監督が発言している
6話のOPでシブヤがメインで登場した際、サドと四天王の名前が出る場面で、板野友美の名だけ抜いた少しへんな配置の名前表示になっており、7話からそれは改善され、常に4角形を描く形で表示されるようになっていた。

ちなみに前田がサドに勝利した際、出てくるかと思われた勝利の手羽先はつかわなくなったようである(この前田敦子はネズミのピンクパーカーを枕にして寝ている)。



今作11話のサドと前田のタイマンは、前田が押される形でサドが圧倒的な強さを見せていたが、前田がみなみを思い出して涙しながらマジになり、学ランのパンチ、大歌舞伎の掌低、チョウコクの手刀、だるまの頭突きなど仲間達の技で応戦し、最後はパンチでサドを沈める形になった。前田は戦い終わり「サドさんのマジはハンパねぇ」と発言している。タイマンは吹奏楽部部室の先にある音楽室で行われ、7話にて楽器のできないやつはラッパッパにはいらないとサドが発言していたように、多くの楽器が映されていた。



11話のムクチはムクチだった。

群れず一匹狼をつらぬくチョウコクが戦いに向かう前田に落とした百人一首の札はこちら。

玉のをよ  たえなばたえね  ながらへば   忍ぶることの  弱りもぞする  
式子内親王  

<現代語訳>

 この私の命。
 絶えるなら絶えてしまえばいい。
 このまま生きながらえたとしても、この恋を心に秘めて耐えゆく気力も弱り
 いずれはきっと人目につくようになってしまうでしょうから。



タイマンで負けたらみなみに笑われるとエレナに告げた前田がサドに勝ち、ピザ屋でみなみにされたことと同じことを前田にされ涙するエレナ。



四天王も前田とサドの戦いを見守った。前田に近づこうとしたゲキカラをブラックが手でおさえ、トリゴヤが前田におびえてシブヤの後ろに隠れていた。

5話のラストで優子がラッパッパ部員達に階段をきれいにしろという類の言葉を言ったとおりか、前田が階段を上る際にはとても綺麗になっていた。



9話のネズミの記事でも載せたが、3月放送分より新チーム体制のエンドロールとなっており

今週はナツミ役で松原夏海、トモミ役で中塚智美、マユミ役で内田眞由美、サキコ役で松井咲子、ハルカ役で石田晴香が出演した。
ナツミ、サキコは序盤で前田とサドのタイマンについて話す役、トモミマユミハルカは渡り廊下でタイマンについて話していた3人組である。

エンドロールの配役順はAKB在籍年数順でもないため重要な配役順と解釈しているが
新チームAは前田、みなみ、サド、トリゴヤ、アキチャ、ヲタ、小歌舞伎、昭和、アニメ、ナツミとなっており
新チームKは優子先輩、シブヤ、チョウコク、学ラン、エレナ、バンジー、ライス、ジャンボ、トモミ、マユミ、サキコ
新チームBはネズミ、ブラック、ウナギ、大歌舞伎、ムクチ、ハルカとなっている



次週卒業式のシーンでは4話で仲違いした山椒姉妹が3人揃って。ヲタの「みんなが馬路女で誰が本当に一番強いのか知りたがっている」という発言の通り、優子と前田の戦いが見られるのではないかと今までの出演者やAKB48メンバーが集結する。桜のはなびらたち2008を髣髴とさせる峯岸みなみのシーンも。
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

Search this site.
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Selected Entries
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Archives
Categories
PR
Profile
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM