<< マジすか学園第4話「山椒姉妹登場」あらすじ | main | 第4話メインヤンキー山椒姉妹(宮崎美穂、多田愛佳、奥真奈美) >>
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.01.27 Wednesday

マジすか学園第5話「チョウコクとネズミ」あらすじ

1月20日、27日発売のテレビ誌によるあらすじをまとめ(テレビライフテレビジョンテレビステーションテレビガイドテレビブロス)

第5話「チョウコクとネズミ」(2月5日放送) あらすじ

部員一名の百人一首クラブのメンバーであり百人一首をつぶやきながら歩く一匹狼のチョウコク(秋元才加)。
優子(大島優子)にタイマンで負けて以来100人タイマン斬りで修行を積み、今やラッパッパと互角に戦えると言われていた。
一方頭脳で天下を目指すおなじく一匹狼のネズミ(渡辺麻友)はわざとチョウコクと前田を戦わせようとする。前田の過去に絡む「前田は人殺し」という中傷が掲示板に張り出される。 だるま(なちゅ)はタチの悪いいたずらだと言うが前田の表情は曇る。
チョウコクはネズミから前田(前田敦子)の噂を聞き、100人目のタイマン相手に前田を選ぶ。
だが率先して争いを避けるようになった前田はチョウコクの誘いには応じない。
前田にどうしてもチョウコクをぶつけたいネズミは卑劣な作戦を思いつく。
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

Search this site.
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Selected Entries
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Archives
Categories
PR
Profile
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM