<< マジすか学園2第3話あらすじ※ネタバレ注意 | main | マジすか学園2第3話あらすじさらに追加※ネタバレ注意 >>
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.23 Saturday

マジすか学園2第2話まとめ

まさかあっさんの咳払いまでネタにするとは…笑。小ネタ拾っていきます。

2話の主なトピック。

・優子は三つ子。大島優希と大島優香という妹が二人いた。前回ムクチとヲタが見たのはその二人。
・ラッパッパに対抗するセンターとネズミさんの軍団の名称は「つの字連合」。
・昭和ジャンボライスアニメの4人は「チームアンダー」という名前に。
・ジャンケンがチハルとサナエにじゃんけんで勝ち矢場久根総長になるも、裸足の会にあっさり倒される。
・カムバック、3色、まりやぎ、まゆげの4人からなる裸足の会通称ハブのリーダーはシブヤ。ジャンケンを倒し矢場久根のリーダーに。就職していたIT企業は上司に屈辱的な事を言われてキレ、上司のおでこに「自表」と書いて辞めた。
・シブヤを追ってダンスも矢場久根に編入。
・チハルの発言により、この物語が3年が卒業後1ヶ月半のものと分かった。

ちなみに前作でシブヤの舎弟だった山椒姉妹は出てきていません。



なんという「これどーすんのよ」展開笑。ウナギが「優子さんの双子の妹が出てくるくらいなら展開が読めていたが」的なことを。だよな笑。



優子そっくりの肉親登場に嬉しそうな甘口さん。ちゃんとこのグループに馴染んでる笑。



学校に来ていない前田。相変わらず頬と拳に血がついている。洋ランに「男でも出来たのか敦子」と心配される。



ある日、「大草原の小さな家」を朝まで見ていて遅刻する消しゴム職人。違う、バンジー笑。矢場久根の制服の4人組に囲まれボコボコにされてしまう。



マジ女ではネズミさんがマジジョ議場にて下克上の為の決起集会を開き校内のヤンキーを集めるが、当然「お前らが仕切るな」と言われ、センターが文句を言ってタテついたやつらを次々と倒し従わせて行く。

このセンター、マジでなかなか良いですね。前作のあっさんみたいに過去にとらわれた暗さのあるヒーローではなく、分かりやすく快活なヒーローでカッコいいわ。



前作から着てるパーカーだとこれが一番発色が良いですよね。前にブログでまぶし過ぎると言ってたが笑。



二人が仕切る軍団の名は「つの字連合」。センターが倒したヤンキー達の倒れてる姿が「つ」と表現されていた。

ネズミさんの決起集会の演説は以下。

「皆さんはこのマジ女が、県内最強のヤンキー校だから入学したんスよね?
マジ女の校章つけて肩で風切って歩きたいから、こんな馬鹿学校選んだんスよね?
でも最近、周りの格下ヤンキー校になめられてる感じ、しないスか?」

「今のラッパッパ、嫌っスよねぇ?前田、嫌っスよねぇ?
あの仏頂面、咳払い、後輩寄せ付けない感じ、嫌っスよねぇ?
皆さん力を合わせて下克上、やっちゃいましょう!」

咳払いとか後輩寄せ付けないとか、まさか、あの、あっさんが咳払いで亜美菜を威嚇したとか騒がれてたことのある動画のことですか?^^;。
いわゆる、ネズミさんはあっさんのアンチ役ですか?。いや前作からそうだったけどさ笑。



前回アンダーどまりと叫ばれた4人は「チームアンダー」に。寒ブリに「前に出て来ないってこと?」とちょっと呆れられる。



つの字連合が階段下に登場。ホルモンとにらみあう。腹に漫画を潜ませてたホルモンに対し「消えろ」と言いはなつセンターと「時間の無駄」と言い切るネズミさん。いやん。



前作マジすか学園1の5話で、チョウコクが階段を上り、ラッパッパの返り討ちにあい、その時に優子がやっていた拍手を真似するムクチ。

同じBGMも流れてましたね。これ前作の名シーンでしたもんねぇ。優子カッコ良かったよなー。



マジ2自体が始まる前の予告に「ラッパッパは時代遅れなんだよ!」という印象的な音声が入っていましたが、やはりはーちゃんだった模様。



チームアンダーに「時代遅れ」「いつまでも優子さんじゃねーだろ」と言われ「誰の時代が終わったって???」と優子を慕う甘口さんが登場。怒り、中辛さんにまで辛さが増す。



ウナギに「中辛さん無理しないでください!優子さんと約束したんスよね!?」と言われる中辛さん。

またいろいろやっちゃうと卒業出来ないんでしょうね。



「約束は守る。ほどほどに殺す」という中辛さん。「辛いのが大好きだ」というセンターに対し、アクセもPOPからROCKに変わりゲキカラさんに変身。センター対ゲキカラ戦がスタートする。

血を見てこのスパイスひさびさぁ〜!と言うゲキカラさんに「この程度は子供用カレーだよ」と言うセンター。



一方矢場久根には裸足の会が登場。倒した相手の靴を奪い、持って帰る「靴狩り」を行う。



昨年9月、AKB48じゃんけん選抜にて優勝し「チャンスの順番」のセンターをとった内田眞由美が登場。

うっちーやっぱ役名「ジャンケン」か。佐藤亜美菜扮するチハルとやはり留年していたゆこり扮するサナエとじゃんけんで勝負し勝ち、ジャンケンが矢場久根の総長となる。



そこに乗り込んで来る裸足の会。土踏まずを使わないと健康になれない為、裸足になれとのこと。本人達はもう健康だから靴を履いてるとのこと。



菊地あやか扮する「カムバック」。矢場久根を一度退学になって戻って来たとの事。地獄の底から舞い戻って来たと自己紹介する。

言わずもがな、菊地彩香はチームBのメンバーとしてAKB48の3期で加入したが、恋人と思われる男性とのプリクラとその男性の日記などが流出し、自覚に欠ける行為があったとプロダクション尾木とAKB48を解雇され、
その後、小森や佐藤すと同期となる7期研究生として芸名:菊地あやかとしてAKB48にカムバックし、チームKに昇格。おばかメンバーとして今に至る。

どうだろうな。受け取り方はそれぞれだけど、10代の頃にいろいろアホやって今は20代で社会人やってる自分から見れば、

いいよ、きくぢ。頑張ってね。誰にだって間違いはある。やり直せるよ。根性のある子は好きだ。がんばれ。という感じですね。



佐藤すみれ扮する「3色」。3色すみれのことでしょうね。3色すみれとは「パンジー」のことです。

あおまきがみあかまきがみきまきがみと言いたかったようだが、きまきがみで噛んでいた。(すーちゃん自身はかんだんではないとブログに書いてました。演技)。



前田亜美と言えばまゆ毛ボーン、ナチュラルボーン。これでも細くなったよね笑。



永尾まりや扮するまりやぎ。

この4人自己紹介時に全員「です」がついていました。



3色はマジで昔のスーパーフライみたいだが、まゆげとカムバック中心に見た目悪くないね。



チハル、サナエがやられ、ジャンケンが追いつめられたときほくそ笑む口元。出ましたねアヒル顔さま。

ネズミさんが、なぜ矢場久根が宣戦布告し休戦協定を破ったか考えたとき
あちら"も"テッペンの交代劇と言ってましたね。



裸足の会略してハブ。リーダーとして紹介されたのは元マジ女四天王のシブヤ。ピンクのスカジャンを脱ぐシーンあり。

ともちん、この髪型良い!



前田に一撃でやられたことを思い出し何度も立ち上がるジャンケンを殴り続けていたシブヤ。相変わらず子分は多く、ジャンケンに「運だけではテッペンとれねぇんだよ」と言う。おいおい^^;。

前作6話でネズミさんがシブヤに対し「沸点低いなーだから馬鹿はダメだっつーの」と言う台詞がありましたが、相変わらずキレてる模様。

余談ですが、マジ女より矢場久根の制服の方が可愛いくて好き。グレー地に白のリボン。シブヤ、アームウォーマーも可愛いし、パーカーに変になっちゃった感じの♩マークとか付いてるけど裏地ヒョウ柄の黒いパーカーで、オサレにグレードアップしとる。



母のコネで就職していたIT企業の上司に屈辱的なことを言われて我慢していたがキレ、殴り倒しておでこに「自表」と書いて辞める。自表て。「こんなとこに人生かけれっかよ」と。いいね笑。

公式ページのシブヤの紹介には矢場久根に編入とありましたね。一回高校卒業して就職した人がなぜに編入という形で戻れるのかは知りませんが
矢場久根は商業高校なので、商業科の単位のみ取れるよう、「社会人編入制度」というものがあるのでそれを利用したっていうテイなのかもしれませんね。強引だ笑。前作で2年にしとけば良かったかな。



前作からシブヤの舎弟だったダンスも矢場久根に編入。なついですね〜シブヤがダンス!と呼ぶとこ。



センターとゲキカラさんは抗戦中だったが、バンジーが矢場久根にやられたと知り、こんなことをしてる場合じゃないと「怒ってる?なら謝る。」とセンターに告げるゲキカラさん。

ゲキカラさんすげぇまとも!!!

「マジ女のテッペンは決めておこうぜ」というセンターに「マジ女のテッペンは今も昔も優子さんだ!」というゲキカラさん。

ゲキカラさん忠犬!!!優子への思いがイイ!

「ゲキカラ、マイルドじゃねーか!」とウナギに言われる。どこまでカレーなのよ笑。



それでもタイマンを続けようとするセンターが拳を振り上げたとき、ゲキカラさんの前に立つネズミさん。

優子も驚いた顔をしてましたね。ほんとタダモノじゃねぇな。

「さすが初期四天王。ダテに3年をダブってませんねぇ」とゲキカラさんに言うネズミさん。

内輪でもめてる場合ではない。朝飯食ってるとき、牛乳をこぼしたら、まず牛乳を吹く。矢場久根のまいた牛乳をまず吹こうと言う。
この例え、ヲタには分かり難いと言われたが、アキチャの「結局牛乳ってのは矢場久根なのかマジ女なのか」という台詞は印象的。

どっちももちろん牛乳の可能性がある。ネズミさんが「戦争に勝者はいない」と言っていた様に、どっちも傷つく事で、得するのは誰でしょうね。



バンジーがやられ怒るおたべ氏。



変なパーカー野郎、ネズミさんが出て行く時も睨みつける。おたべ氏はなんか、幸せそうではない、憂いのある感じが印象的ですね。



ネズミさん「我が道をマジにいく。アンタは英雄だね」

センター「ヘッセヲタだな」

二人の屋上のシーンで終。お二人の馴れ初めがあるなら是非教えて欲しいですね。



MJの旗を踏みながら「あたしの戦いはまだ終わっちゃいねぇ」。次回予告で「マジだよ」と言うシブヤ。

前田への激しい対抗心から矢場久根のリーダーとなり、矢場久根対マジ女の戦いをリーダーとして先導する。能・狂言シスターズを痛めつけてる様なシーンあり。

すまんなシブヤさん。あっさんもうちょっとあれあかんのよ今…。だるま早く帰ってこいよ!



おめぇのダチがマジ女裏切ったんだよとゲキカラさんに言ったんであろう洋ラン。

シブヤの写真を眺めるゲキカラさんのシーンあり。うわーどうなるねんやろ。



公式にある第3話のタイトルは「裏切り者は爪を伸ばす」。まさにこれですか。

前作6話でもこのポーズで敵を誘ってましたね。懐かしい。

旧ラッパッパの副部長や四天王のメンバーの中で、シブヤは一番、優子への忠誠心を感じられないメンバーでしたしね。ここはでかいです。



ホルモン、能・狂言などあちこちで矢場久根と戦っている予告シーンが流れる中(もちくらさん戦うんスね!)、単身矢場久根に乗り込んだと思われるセンター。



これは次回予告のラストカット。既に2話のOA前に載せた3話のあらすじにもこの姿の画像は出ていましたね。これより前のシーンで青いパーカーらしき人が風船ガムをふくらませてたのも気になりますが。

足を怪我したせいか、タイツではなくハイソックスだったネズミさん。松葉杖をついて傷だらけ。あのティンバーランドのブーツではなく黒い靴を履いてましたね。靴狩りにあったか?
3月26日のまゆの誕生日にロケが目撃されてたやつ、ネズミシブヤ裸足の会でロケだったようですが、そこで目撃されたシーンはネズミさんがボコボコにされちゃうシーンだったそうですね。わざとやられる線もあるかもしれませんが、マジすか1でシブヤはネズミさんにコケにされてますしな。

あらすじの時も書きましたが、これはマジか、フェイクか、それとも回想か。

答えはネズミさんのこのシーンの最後の台詞、敬語の「逃げてください」にもありそうだ。
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

Search this site.
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Selected Entries
Links
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Archives
Categories
PR
Profile
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM