<< マジすか学園2第4話あらすじ※ネタバレ注意 | main | ネズミさんの新しいブーツ見つけて来たぞーい >>
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.30 Saturday

マジすか学園2第3話まとめ

3話の主なトピック。

・OPのプールでのシーンで、ラッパッパとつの字連合が相対するシーンにシブヤ率いる矢場久根軍団も入る画に変更。レギュラーキャストの名前登場枠にシブヤとハブ4人が追加された。ラストの「ヤンキーソウルよろしく!」もあっさんだったのがシブヤの画になった。
・1話のまとめにも書いたが、能・狂言シスターズは名前を名乗ってはいながら公式サイトCAST欄やEDなどでは歌舞伎シスターズのままだった。
今作3話でシブヤに対し「もう…やめようぜ。これ(お面)かぶってちゃ裏切り者の顔がよく見えねぇし」と大歌舞伎が言い、お面を捨て衣装を脱ぎ、歌舞伎シスターズに戻った。
・センターが「テッペンからの景色をお前と二人で見たい」と屋上でネズミさんに語る。
前作の優子とサドの物語の中でサドがしきりに言っていた「優子さんとテッペンからの景色が見たい」と言っていたのと同じ。センターが4話次回予告にて「お前が好きだ」と告白するシーンもあり。
・ネズミさんはあらすじなどの今までのエントリの記述どおり。今回は大筋の主役で、冒頭もネズミさんの仁王立ち、ラストのオチもネズミさんのけんけんぱだった。
歌舞伎がシブヤにやられたところを写メり、残りの四天王を焚き付けるも冷静なおたべ氏により失敗。
ならば、と単身矢場久根に乗り込み、シブヤを挑発。そこでパンチを食らうなどやられ、ティンバーランドのブーツも狩られる。
学校には松葉杖をついて現れたが、ギブスをつけて松葉杖をついた大けがはフェイク。ネズミさんの姿を見て激怒したセンターが矢場久根と一人で戦う一方で松葉杖を置き、最後はセンターに見せていた曇った表情ではなく、ニヤリとした笑顔で怪我をしたと思わせていた左足を軸にお得意のけんけんぱを披露する姿で終了した。ホルモン、ネズミさんがやられたテイとなり、おたべ氏の静止も聞かず洋ランが動く形となった。
ちなみに今回は
冒頭で仁王立ちで登場するシーン
ラストでけんけんぱするシーン
センターに「テッペンの景色をお前と二人で見たい」
と言われたシーン全てて同じ"鐘"が鳴っていた。

多摩センターの野次馬ロケ見報告でネズミさんが矢場久根に囲まれてボコられていたと聞いていたので、覚悟していたが、必要以上にぎゃああああとは騒がずに済んだ笑。
このシーンよりも、仁義の切れる正統派のヤンキーに見えた大歌舞伎が、裏切り者のシブヤに負けた時の方が、悔しくてくそおおおもんでした。



冒頭部分。ティンバーランドのブーツを靴狩りされるのを暗示するかのごとく靴からアップの姿。この靴、どこかで戻って来たりしないかな笑。ティンバーの黒いのも可愛いけど。

この青地に黄緑の線のはいったパーカーは、パート1でも出て来てませんでした。完全におニューですね。
今んとこパート1含めると6種類かな。画像全部あるんでまとめてみよう。たぶん6種類ですね。



「優子さん達が卒業した時点でマジ女は死んだ」
「鳴らないラッパはいらねぇんだよ」
など、バンジーがやられてもカチコミにすら行かない現ラッパッパに対して名言を残したフォンデュ。年増さんがコラーゲンボールを入れようとしてどっちさんにこんなときに肌つやつやにしようとしてんじゃねーよ!と怒られ、レモンさんがリンゴ飴みたいなのやっちゃうシーン。



二人だけでカチコミに来た能・狂言シスターズ。

昔はこの二人も勝手に他校生ぶっ飛ばすルール違反をやる二人だったのにね。だるま、前田との接触で徐々にかわっていった前作でした。



校庭で太鼓叩いて能をはじめたお面かぶった人たちに呆れ気味なサナエたち。

いいねぇ能・狂言シスターズ。キャラが濃くて大好きだよ。



「フフフくだらねぇ!」と言いシブヤさん登場。



シブヤの登場に驚き、「シブヤさんなんでここにいるんスか?ここ矢場久根っスよ?…」と言うお面。「初めまして。矢場久根新3年シブヤです」とシブヤは言う。「嘘だろ…」と言う大歌舞伎。



2話の「矢場久根リーダー登場!」という回で出て来たのがシブヤさんなんで、間違いなくリーダーでしょう。
マジ女を裏切り、矢場久根のテッペンとしてマジ女の生徒をボコるシブヤを裏切り者と言い放つ大歌舞伎。

「もう…やめようぜ。これ(お面)かぶってちゃ裏切り者の顔がよく見えねぇし」

この発言に足を止めるシブヤ。やはり負い目はあるようですね。



「やっぱ…歌舞伎の方がいいや」と衣装を脱ぐ。

どんな理由であれ…マジ女は優子やサドが命がけで守ってた感があるので、その行為への冒涜にも感じますしね…。この人ほんとにマジ女四天王としての誇りとかなかったんかいと。



前作でも殺陣の練習をすんごいやったのに解説のみで一度も披露の機会がなかった言うてたもちくらさんの殺陣披露!



リアル解説者の娘として解説も前作に引き続き炸裂。雑魚を自分にまかせ、大歌舞伎にシブヤのところへいけと伝える。



シブヤと対峙する大歌舞伎。



大歌舞伎「許せねぇ」

シブヤさん「誰に口きいてんだよ」

大歌舞伎「独り言だよ」

シブヤさん「おめぇらが四天王だって?ははは。マジ女も終わったな」

大歌舞伎「あんたらが築き上げたラッパッパの伝統、ちゃんと守ってますよ」

シブヤさん「守れねぇよおめぇらじゃ」

大歌舞伎「負けねぇよ。マジ女裏切ってハンパに生きてるあんたにはな!」

大歌舞伎かっこ良い!!!

この大歌舞伎のシーン、この3話までで最も"マジ"でカッコいいシーンだったと思います。



姉貴がキメてるところでチハル、サナエ、ジャンケンとコントを繰り広げてる小歌舞伎。プロレス技かけて大喜び。超絶ワロタ。本日の内輪ネタシーン笑。

結局武器を持ち数に勝る矢場久根にやられて負けた。



得意の掌低突きが効くも、最後には、
「マジだよ。うまれてはじめてマジになれた。マジでおまえらをつぶしてやんだよ」という舌ったらズな台詞を炸裂させてたシブヤさんに敗れた大歌舞伎。

「前田には勝てねぇよ…あんたには」と告げる。

あっさん!!!早く帰って来て!!!

しかし「怒りぶつけるなら拳握れよ」の棒読みは往年のシブヤさんが戻って来てた!笑

しょっぱなから激戦ですね。歌舞伎シスターズ、ほんとにカッコ良かったよ。大歌舞伎がシブヤに負けたとき、シブヤさんが今回悪役なので、ほんと悔しかった。



歌舞伎シスターズが壮絶に散るなか、バンジーがやられて自分たちがカチこまなきゃいけないのに行ったところであっという間にやられていい笑いもんだとへこむホルモン4人。

これ以上ラッパの名前を下げてしまうのは先輩達にも申し訳ないしね。

■第3話でも素敵なお二人



ネズミさんの「ここのテッペンとったらどうする」という問いに「さぁな。ただ見てみたいだけだ。ここのテッペンからの景色をお前と二人で。」とセンターが語るシーン。



このシーンすげぇ良い。二人の顔も良いですね。愛のありそうな目つきのセンター。ネズミさん、目がキラキラだけど、どう受け取ってるのか分からないから余計興味あるわ。

馴れ初めや過去に何があったかなどは、優子とサドのように語られるでしょうか。

センターは、ネズミさんがたとえ一人でその景色を見ようとしていても、それに怒ったりキレて仲違いしそうな性格には見えないんだよな。この人、心が小さい気がしない。
加えてネズミLOVEなら、だまされても許し、かばい、敵討ちに行っちゃいそう。



ネズミさんが★でデコったケータイで写メって来たシブヤ対大歌舞伎、その他対小歌舞伎の写真が貼り出される。相変わらずなかやんは抜群に良いねぇ笑。

ネズミさん、バックパックも★のスタッズがついてますよね。パート1初登場の時に着てた薄いグレーのパーカーも★がついてたが。



洋ランにお前のダチが裏切ったんだと告げられ怒るゲキカラさん。

いくら四天王で一緒だったとはいえ、シブヤさんとダチだったんですかい?笑。4人でサイゼリヤで勉強とかしたのかな笑。ブラックは日常会話可能なのかしら。相変わらず興味が尽きない笑。



矢場久根に行こうとする洋ランを静止するおたべ氏。

あらすじにも書きましたが、冷静ですね。全面戦争という名の祭は、遺恨しか残さない気はしますし、お互いのダメージもでかすぎますしね。



冷静なおたべ氏にむかつき顔のネズミさん。



「新部長、ただの土産物と違う。ここが違う。それならばネズミさんはもっと」と語るネズミさん。

ここで考えた策が散々書いてきたあれってことですね…ガチで心臓に悪い笑。
誕生日に、囲まれてボコられるロケとか何させてんだよと思いましたが笑。



ミルクティータピオカ入りを飲むシブヤさんに、タピオカはまたブームが来るのを待ってるうんぬんかんぬん言うネズミさん。

「タピオカになったことがないから分からん」言うシブヤさん。

なにこの可愛いヤンキーども笑。この二人のシーン、前作パート1の6話でお二人が会話してたシーンと同じ音楽流れてたね。ニヤリとしてまう笑。



前田に一撃でやられたことなどでシブヤさんを挑発するネズミさん。このあとシブヤさんに「根津、しゃべりすぎだ」。ワンパンされ、ボコられる。

後々のことを考えると相当受け身取りながらボコられたのかなと。つぇぇんだろこの人、たぶんマジで。

ネズミさんからの一切の抵抗はなし。予想通りとはいえ、どんな意図でも、暴力を受けてるシーンを見るのはムカつきます笑。でも、前作のみなみのシーンほど辛いものはないかな。



4話あらすじエントリの記載通り。ボロボロでホルモンの前に現れ、ホルモンに「逃げてください」と言う。

マジすかであなたがフードをかぶってない姿を見るのは前作の卒業式以来です笑。



ボロボロのネズミさんが登場し、矢場久根も登場。「ネズミを置いていけるか」とティームホルモン、覚悟を決める。前作パート1のあっさんがエレナの果たし状を信じて一人で行こうとしたときもヲタはカッコいい事を言っていたがここでもみんなを焚き付けるリーダーらしい事を言っており、それにムクチが呼応する流れだった。結局ボコボコにやられていたが良いぞティーム。

「俺達は誰だ!」と言うヲタのバックミュージックは、前田がマジになる瞬間の、あのメガネを外すシーンの音楽が流れてました。ホルモンがマジになる瞬間ですね。

ちなみにここで出てたネズミさんの破れ仕様のタイツはいつものタイツには見えなかったな笑。
汗ふきタオルに変身して汗をふきたかったZ!(←馬鹿やろう!笑)



ネズミさんボロボロ仕様の姿に怒るセンター。

逆にセンターに何かあったら倍返しにするとしおらしく言うネズミさんの言葉にも心を動かされていた。

お二人がどういう関係なのかどういう流れなのかもちろんまだまだ分からんしそれが楽しいんですが、

ネズミさんのこのしおらしさも全て演技の可能性があるので、倍返しもわざとの言葉だとしたら相当ですね。でもそうか、センターは、あなたの掌の中でしたもんね。



ホルモン、ネズミさんもボコられ、
おたべ氏に「ええ刀はここぞと言う時にしか抜いたらあかん」と言われた洋ランも「どんなに良い刀でも抜く時にさびついてちゃ意味がねえんだよ」と言い、決意を固める。

あっさんは謎のストリートファイターみたいに男どもをなぎ倒してたな。



このシーンキツいっすね。あの人松葉杖、嘘なんですよー!!!笑。ああやっぱり笑。

あの松葉杖の人の狙いは、前作からの名言でもある「柱のない家は倒れます」の通り、
混乱に乗じて今のラッパッパの弱体化や四天王の4本の支柱を倒すことが目的なんだぜ洋ラン。

ネズミさんは、センターが前田に勝てるとは思ってないのかもな。前田以外の雑魚の掃除は外野にやらせるとかそんな発想かな。
ネズミさんの頭の中では、他のラッパと四天王を外野に倒させ、センターがかろうじて前田を倒したところでへろへろのセンターを自ら倒して、あたしがテッペンだお!とかそんな流れも考えてそうに見えますよ。



ネズミさんのセンターがやられたら倍返しにすると言ってくれた言葉も思い出し、一人で怒りとともに矢場久根をなぎ倒して行くセンター。

だまされてもいいよ行くよ笑。ツイにもよう書いてたが笑。顔ひっぱたかれてるの見るだけでムカつくもん笑。



松葉杖を置き、水の入ってないいつものプールでけんけんぱをし、空に手をかざして満面の笑みで笑うネズミさん。3話のラストシーン。

このシーンと、

ネズミさんの言葉を思い出して一人で敵討ち中のセンターの画が交互に出るの、キツいな笑。

まさかほんとに弱っちまってるのか???と不安になるシーンもあった。まだまだ活躍が見られそうだ笑。

もともと個人的には今作の一番の関心はネズミさん。そして、1話からしきりにセンターが真っ直ぐでカッコ良くていい、と書いてるのでもともと注目だったけどさらにこの二人には注目ですね。

センターは惚れたやつにはたとえだまされてもいいぜとかそういうノリの人なのかな笑。らしい感じだが、そういう子はいつの世も、幸せになれないイメージが強いからな。世界中がそいつの敵になっても、俺だけはかばうぜ、とかそんなノリ。悪いのはアンタが惚れたそいつなのにさ笑。

その愛に、心が揺れたりするハートがあるのか注目ですね。目的の為に手段を選ばない、リスクを冒してでも進む様な人は、えてして冷徹非常に徹するしそう映るものですから。



「私はお前が好きだ」と告げるセンター。いいねぇ。屋上っぽいんでネズミさんにでしょうかね。ゲキカラさんとも戦友な流れになりそうだが。

屋上は、優子とサドの思い出の場所でもある。今回の「お前とテッペンからの景色が見たい」しかり、あの二人の強い絆の様な物語が見られたら嬉しい。

改心?させるようなのでももちろん歓迎だ笑。改心…ではないかもな。ネズミさんはいつでもマジでテッペン目指してるし、現実の当人の様に、ブレてない。



シブヤーー!と叫ぶ洋ラン。4話あらすじの写真にあったとおり、ダンスとはやはり絡みがあったようですね。

少し載せたあらすじは5話が凄そうなんですが…。

シブヤのそのポーズ拳銃じゃねーだろうな。頼むから、もう誰も、死なないでくれよ。自分なんかもう、推しが2人死んじまってるしやな苦笑。



フーセンガム鼻につくのあるある。次回予告ではボコられる前にシブヤと何を話してたのか真相が聞けそうですね。
タクトを振るふりをし、祭の開幕を暗示させる様な発言もしてましたね。まさにそれは、全面戦争という名の祭。

フォンデュとからんでたときのセンターは矢場久根と戦いに行く気がなかったようにみえたが、今や怒れる人なので、全面戦争の火種として一人で矢場久根相手にしてる現状。

ネズミさん、思い通りですね?シブヤさんに入れ知恵してませんか?笑。



シブヤさんたちと戦う時って毎回これやな。取り巻きがぐるりと囲む奴。

次回予告でピンクのゴスロリ衣装のカットが出てたのでそれはらぶたんかな。矢場久根の衣装で靴下も可愛くかわってた。これはみゃおでしょう。山椒姉妹って名前のまんまかな?楽しみ。

あっさんは「答えがまだ見つからない」と言うてましたが。あっさんが戻る頃、仲間がALLボコられで誰もいない可能性あるなこれ。おたべ氏とか怪し過ぎるんでそこでだるまこいこい笑。
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

Search this site.
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Selected Entries
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Archives
Categories
PR
Profile
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM