<< マジすか学園2第6話(5/20放送)第7話(5/27放送)あらすじ※ネタバレ注意 | main | マジすか学園2第6話まとめ >>
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.14 Saturday

マジすか学園2第5話まとめ

5話の主なトピック。

・ゲキカラ刺される。犯人は新キャラ、"ミソ"こと木本花音。矢場久根の下級生(1年生)。病院で患者に扮し、ゲキカラを刺す。
・まゆげ、カムバックに圧倒的な強さで勝ち、最後まゆげにピアノを倒そうとしたゲキカラ(恐かった!笑)。意識を取り戻した学ランに優子さんと約束したとおり卒業するんだろ?と言われ、思いとどまる。
・センターの過去映像。センターには腹に刺され傷がある。これもミソの仕業かと思わせる様なシーン。
・ふせえり扮する校長登場。髪型がヘンテコになってた。前田が仕置き人として街で暴行を働いてる事を知ってるかの様に、少女仕置き人のニュースの切り抜きを集めている。
・おたべ氏は京都のモストフェーマス進学校からやってきたクレバースチューデントだった(校長談)。(most famous=とても有名)(clever student=賢い、功名な、学生)
・おたべ氏、ネズミさんが一連の戦争のたき付けを行っていることやゲキカラにわざと学ランがシブヤのところへ行ったことを言っただろうことを疑い、嘘でついてる松葉杖を蹴る。ネズミさん「あっしはアンタが嫌いです」とおたべ氏に言う。
・来週はおたべ氏の過去喧嘩シーンらしきもの、尺さんが喧嘩に奮起、またしても木本花音、センターさんとネズミさんが手と手重ねる。など。

おたべ氏とネズミさんの冷静だけど静かな一触即発の様なシーン、良かったですね。
うん。悪役を好きになっちまっても後悔なんてせんけど笑、ネズミフリークとして今回これだけは間違いないことが分かったよ。滅多に人の事は好きになっても嫌いになんてならんが、おたべさん、自分も、アンタがスゲェ嫌いだ笑(notゆいはん)。



ゲキカラの祭りが開幕。



倒れてるまゆげにピアノをー!こえーよ!!!!



意識を取り戻した学ランに優子さんとの約束を守るようさとされ、ピアノをまゆげに倒すことをやめる。

1年前前作の第8話で「狂気に満ちたゲキカラを演じた松井玲奈の熱演が光った。」と書いた感想は、あの時は、感想そのままの姿がゲキカラさんでした。今のゲキカラさんは本当に甘口さん。偉大な優子の教えの通り誰かの為に理由のある喧嘩をしながら卒業を目指しているんですね。



なんかあるんだろうなという匂いがぷんぷんした4話OAの5話次回予告で「病院の少女」かのように出ていた木本。その正体はシブヤのアジトにいる矢場久根の1年生だった。



AXの時もアンダーガールズ選抜の時も思いましたがこの子はSKE陣営におけるイチオシの若手なんですね?そもそもセンターが若過ぎてイチオシの若手と言って良いのかシランが笑。



もはや鼻血芸のダンスさん。



おたべ氏とネズミさんのプールサイドでのシーン。先週までのとはちょっと包帯位置が上のような笑。



気付いてるくせに言わないおたべ氏。「あんたは味方か?」とネズミさんに問う。シブヤさんに殴らせて怪我してみせ、マジ女の生徒でっせーをアピール中ですからね。
少し気付くの遅いかなと思いますが、我々ほどおたべ氏が隅々まで客観的に見てるわけじゃないですしな。

戦争を起こし、今のラッパッパも、矢場久根も、どっちにも潰れて欲しいと思っていると思われる人ですから、
その目的が達成されるならマジ女が危険にさらされてもいい。

ネズミさんがそう思っている以上は"味方"ではないですね。その戦争で勝ち残った方をボコれば天下だ。



おたべさん、自分もアンタが嫌いだよ笑。ネズミさんはある意味いつも欲望が丸出しでそれが好きだったりする。1からブレてないよ。背伸びしたガキんちょみたいなとこも健在だし笑。
おたべ氏みたいに腹わらねぇなんなのかよく分からないタイプにはそもそも、好意を持つのは無理だ。今んとこね。

このシーン、素っ気ないセンターにちょいと切なげなネズミさんなども見れて素敵でした。ネズミさんの表情を崩せる相手がいるのはやっぱ良いね。



あー校長久しぶりやわー。ほんとクウキもキケンも出てこねぇしさー。靴狩りのお陰で今頃オキシ持ってうはうはだろキケンとかさー笑。



センターの過去シーン。腹に刺され傷あり。どっちさんがおたまを持ち出し、その光を見て、刺された時の刃物を思い出して叫びだすというシーン。

センターにもトラウマの伏線が出来ましたね。センターの過去を分かろうと、フォンデュさんたちとセンターの友情なんぞがうまれる展開あるかもな。しかしフォンデュは尺取り過ぎだ笑。



パラパラを練習中のダンスさんに七味唐辛子せんべいを渡し餌付けしようとするゲキカラさん。



ダンスさんの携帯からシブヤさんに電話をかけるゲキカラさん。シブヤさんの着信音、携帯カバーはDear J。ここで二人はタイマンを決める。



鼻血芸。



シブヤとのタイマンを決意したゲキカラを見て、「これ以上カッコいい立ち回りをされると困るんスけどねぇ」というネズミさん。



ケンケンパシーンを見て、もうええんか足?としらじらしく言うおたべ氏。ネズミさんのフェイク松葉杖を蹴る。

「野球は好きか?ピッチャーてなずっと投げてるとひじの骨がおかしくなる。その骨のことをネズミというらしいで。」
「はぁ」
「京都の人ははっきり物を言わないって聞いた事があるっス」
「京都の人間ははっきり言うてんのにそれに気付かん人が多い」
「あっしも何か聞き逃しました?」
「立派な家は、ネズミ、駆除しなあかんらしいで。」
「…ネズミの繁殖力、なめたらいけませんよ。」

ここではあえて戦わないけれど一触即発の空気がしたこのシーン、良かった。このドラマこういうシーンあんまないからな。二人ともなんとなく悲哀を感じる女の子ですしね。男のカッコさせてもカッコいいしこの人ら。

"繁殖"は、まぁ繁殖て、て感じですが、
少しかんぐった見方とかをすれば、他にもネズミさんみたいな人がいるという解釈も出来ますよね。安易かな笑。

この新しい白いパーカー、左胸にスタッズがついてたね。ラインデコが入ってるシリーズをよく着てるよなー。



学ランの中学生の女の子ファンからのプレゼントを持って来た尺。病室でいい雰囲気に。

学ランー!てめぇ見損なったぞ!あっさんじゃなくてもいいのかよ!ちょっと可愛い女なら誰でもいいかもなんてお前マジで男じゃねーかー!笑。分かるよ。しょうがないよね笑。



これをゲキカラに見られるというのが何ともワロタ笑。



学ランにシブヤをぶっつぶすことを告げる。



「ごめん。不器用だからさ。」と言って緑の折り紙でおってきた鶴を学ランに渡すゲキカラさん。綺麗な鶴だよとか言っちゃうイケメン。

「俺の退院祝い頼んだぞ」と学ランはゲキカラに告げる。

そして…



ゲキカラ刺される…。卒業するという約束を守れず「優子さん怒ってるかなぁ?」というゲキカラさん。「お前らダチだろ!ダチのやることに文句ねぇよ!」という尺の言葉に涙する。

TVガイドの8話撮影シーンの写真のゲキカラさんが回想でなければ生きてますね。

きょうびのヤンキーはマジでここまでやるのか…。



ゲキカラさんを刺して笑顔のミソ。スキップで病院を後にする。

なんつー役だ。。。しかし、結構可愛いですねへぇー。あっ思う壷だわ自分笑。

そして次回…EDの青春と気づかないままの曲のOA部分が変わってましたね。今回のの方が良いですわ。



おたべ氏の過去喧嘩と思われるシーン。ネズミさんがあなたの退場を望んでチョウコク動かしたり色々していくようですから、退場を望む笑。



四天王で良いのか悩んでいた尺さん奮起。実質6話の主役でしょうね。



ゲキカラが刃物で刺されてかなのか、悩んでる風の描写が見えたセンター。「誰かをぶっ飛ばさずにはいられねぇ」と言う。



ネズミさん倒れる描写あり。病気フラグじゃねーだろうな?…

「戦争とはそういうもんだ。正気になった方が負ける」

まるで、刺傷事件さえ正当化する物言いですね。



ミソ「これが矢場久根のやり方なんですよ。」シブヤ「一線、越えちまったな…」。

ミソがシブヤさんを刺したかの様なシーンで終了。シブヤさんの拳に血が付いていた映像もありましたね。

来週で折り返しです。うわーーーーマジで予想がつかん!。



スペシャルDVD-BOX発売告知。平和だななんか笑。
2012.06.02 Saturday

スポンサーサイト

Search this site.
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Selected Entries
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Archives
Categories
PR
Profile
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM